さらばあぶない刑事をテレビで見た感想

昨日は、さらばあぶない刑事を金曜ロードショーで見ました。しかし、ちょっと消化不良の内容でした。なにがかというと、大事なシーンでかなりカットがあったからです。

 

 

近藤課長が出てくるシーンや最後の舘ひろしさんが歌う「冷たい太陽」が流れるところがなかったところ。そして、ユージがレパードを運転するところがかなりカットされていたところ。

 

 

ぱっと上げるだけでこれだけの大事なシーンがカットされていました。編集したひとはきっと昔からの「あぶない刑事」ファンじゃあないんでしょうね。

 

 

最後のエンディングを一気に違うことにするのはありえない。なんていったって30年の歴史の最期なのでエンディングはあぶ刑事の最終シーンでないといけないと思うんですけどね。

 

 

ユージがレパードに乗っているところもそうですね。あぶない刑事と言えば金のレパードです。なんで、レパードを運転するところでカットするのか。ちょっと意味不明でしたね。

 

 

おそらく編集したひとは若い人なんではないかなって思います。今回の視聴率によってはいずれノーカットでの放送もあるかもしれませんが、ちょっと楽しさが半減してしまいましたね。

 

 

視聴率がどんな感じになったのか気になるところですが、週明けまでわからない感じになるのでしょうか。その辺りも今後チェックしていきたいと思います。

 

 

子供向けのものばかりではなく、こういった映画も金曜ロードショーではどんどん取り扱ってほしいなって思いました。でも、今度はノーカットで見たい。

 

 

どうしてもそんなことを感じてしまいました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です