べっぴんさんの紀夫が嫌いって声が殺到している?

朝ドラのべっぴんさんが徐々に話が良くなってきたなあって個人的には思っています。ただ、相変わらず紀夫くんについては評価がよくない。インターネット上では、嫌いって声が殺到しています。なぜ、紀夫くんが嫌われるのかなって思ってちょっと考えてきました。

 

 

そもそも、今回の朝ドラ「べっぴんさん」は主演となるすみれ(芳根京子)と紀夫(永山絢斗)が暗いってところにあるのかなっておもったりします。永山絢斗さんについては、イケメンですし、「あさが来た」の五代様を演じたディーン・フジオカのようになってもいいかなと思うほどです。

 

 

紀夫君が嫌いはかわいそう

 

なので、役どころがちょっとかわいそうと思う部分がありますね。すべては役どころなんですけどね。それは逆に言うと、視聴者を嫌いにさせるってのはある意味役者としては演技に成功しているともいえるんですけどね。主に嫌いって理由は、戦争から戻ってきたときの対応。

 

 

すみれが何の連絡もなく朝帰りしたときなどでしょうか。戦争から戻ってきた時は、本当に浦島太郎のような状況だったのでそれはそれで仕方なかったのかなとも思います。捕虜にあっていたので、誰も信用できなくなっていた。そういったところが嫌われた原因でしょう。また、当時すみれとさくらと仲良くしていた栄輔(松下優也)がかっこよかった。

 

 

すみれやさくらのことをしっかりサポートできそうな人物だっただけに、余計にその差が際立ってしまったというのもありますね。ちょうど、すみれが店を始めたところだったというのも大きかったのかなと思いますね。やっと前向きになれたすみれに対し、浦島太郎状態の紀夫。当然、うまくいくはずがありませんよね。

 

 

紀夫のビンタは決して悪くない

 

次に、紀夫がすみれをビンタしたことも原因の一つなのかもしれませんね。男が女に手を上げるって最低って思いもあるんでしょうね。ただ、あのシーンについてはすみれもかなり悪かったように思いますね。何も連絡もせずに朝に帰ってきたら誰でも怒ります。しかも、さくらのことも面倒みてるわけではない。

 

 

そんな状況で怒らない男性なんていないと思います。むしろ、私なら怒ってほしいですね。周囲が見えなくなるぐらい仕事に没頭するのもいいけど、そこについてはすみれに原因があるように思いますね。無口でちょっと暗めの紀夫だから、余計にそういうのが誤解されやすいんだろうなって思います。普通に考えたらすみれの行動もあり得ないですからね。

 

 

そもそも、この二人が結婚したのは恋愛結婚ではないですし、紀夫の片思いだった出会いからスタートしています。それに、すみれが徐々に紀夫にひかれていったという経緯があります。そして、一番いい関係ができてきた二人のところの招集令状がやってきました。

 

 

そのために、お互いにもっとも関係を築くべきところで築くことができてなかったのではないかなと思います。お互いに明るく言葉数が多い方ではないのでそれがお互いにすれ違いを起こす一番の原因なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です