真田丸の最終回を見た感想!

こんばんは。また間があいてしまいましたね。今日は、大河ドラマ「真田丸」を見た感想についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

まず、最終回をみた感想としては何よりも惜しかったってことですね。真田幸村がもう少しで徳川家康の首をとれそうでした。

 

 

徳川家康が自害をしかけていましたし、毛利勝永の軍勢がどんどん勝ち進んだときにはこれはいけるんではないか。そんなことを感じさせましたね。

 

 

ただ、豊臣秀頼の出陣が遅れたために負けてしまいましたね。秀頼がもう少し早く出陣していれば流れがかなり変わってきただろうにって思ってしまいますね。

 

 

大蔵卿の話なんてきかにゃあええのに。あの状況で裏切られても、裏切られなくてもどちらにしても道はなかったのだから信じて出陣するべきですよね。

 

 

この辺りは、戦をしたことがない秀頼の弱いところですね。秀頼自身はしっかりしているのですが、周りについているものがボロだからこんなことになりましたね。

 

 

特に大蔵卿はガンでしたね。今回の真田丸では、何度となくその行動があかんかったです。どうしてもそれが豊臣家にとっていいことをしているようには見えない。

 

 

しかし、大蔵卿自身は豊臣家のためだと思っているところに問題がありますよね。史実では、もっと茶々が出しゃばっているような印象があったのですけどね。

 

 

そのあたりは、三谷幸喜作品といったところでしょうか。悪役はすべて大蔵卿がかぶることになりました。あと、徳川の間者をしていた爺に早く気付かなかったのもいけなかったですね。

 

 

最終回の今回でも、自分で自害しようとしましたがその時にしっかりと殺しておけば幸村に変な噂がたつことがなかったんですけどね。その辺りをぬかりましたよね。

 

 

佐助がついていながら・・・みたいな。この2人がいたために、幸村は力を発揮できないままに負けていってしまいましたね。

 

 

ただ、徳川家康の本陣の前で馬上筒を討つシーンは本当にスリルがたまらなかったですね。思わず、討て打てってつぶやいてしまっていました。

 

 

それぐらい真田幸村に感情が移入してしまっていました。結果的にやられてしまうわけですが、惜しかったですよね。左手打つぐらいはやりそうな気がしたんですけどね。

 

 

やっぱり史実があるから、そこを基本にしているんでしょうね。三谷幸喜さんの作品って面白い要素が強いんですけど、真田丸全体を通してかなりしっかりした作品でしたね。

 

 

NHK用にしっかりしたものに仕上げてきたんでしょうね。人気武将の一人である真田幸村を描く作品だっただけに、そのしっかり史実に基づいて書く脚本がよかったですね。

 

 

大河ドラマについては、今後も見ていきたいなと思いましたね。それぐらい、真田丸がよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です